ディレクトリ(フォルダー)を作成する [C#]

スポンサーリンク

C#でディレクトリ(フォルダー)を作成する方法について紹介します。
ディレクトリを作成する際は、System.IO名前空間のDirectoryInfoクラスのCreateメソッドを使用するか、DirectoryクラスのCreateDirectory静的メソッドを使用します。

DirectoryInfoクラスのCreateメソッドで作成

DirectoryInfoクラスのCreateメソッドの構文は次のようになります。

引数にSystem.Security.AccessControl.DirectorySecurityを取るメソッドは、ディレクトリに適用するアクセス制御と監査セキュリティを設定する場合に使用します。

DirectoryInfo.Createメソッドの使用例

以下にCreateメソッドの使用例を示します。

CreateメソッドではDirectoryInfoに設定したパスをもとにディレクトリを作成しますが、指定したパス中のディレクトがなければすべての階層のディレクトリを作成します。
上記の例の場合、CドライブにTestディレクトリがあればTestディレクトリの中にNewDirディレクトリが作成されますが、TestディレクトリがなければTestディレクトリとNewDirディレクトリの両方が作成されます。

サブディレクトリを作成

DirectoryInfoクラスにはサブディレクトリを作成するCreateSubdirectoryメソッドがあり、DirectoryInfoクラスに設定したパスにディレクトリを作成できます。

DirectoryInfoクラスのCreateSubdirectoryメソッドの構文は次のようになります。

引数のpathに作成するディレクトリのパス(名前)を指定します。CreateSubdirectoryメソッドは作成したディレクトリのDirectoryInfoオブジェクトを戻り値に返します。

DirectoryInfo.CreateSubdirectoryメソッドの使用例

以下にCreateSubdirectoryメソッドの使用例を示します。
下記のサンプルでは、Createメソッドの使用例で作成したC:\Test\NewDirディレクトリにサブディレクトを作成しています。

サブディレクトにディレクトリのパス区切り文字である「\」を含めて指定すると、階層を持ったディレクトリが作成されます。
例えば上記の例ではCreateSubdirectoryメソッドの引数に “SubDir” を指定してサブディレクトリを作成していますが、これを “SubDir\SubSubDir\SubSubSubDir” とすると3階層のディレクトリが作成されます。

作成されるディレクトリのイメージ

CreateSubdirectoryメソッドでサブディレクトリを作成する場合もCreateメソッドの場合と同様に、サブディレクトリまでの階層のディレクトリが存在しない場合はすべて作成されます。(上記の例ではCドライブのTestディレクトリとNewDirディレクトリ)

DirectoryクラスのCreateDirectory静的メソッドで作成

DirectoryクラスのCreateDirectory静的メソッドの構文は次のようになります。

引数のpathに作成するディレクトリのパスを指定します。DirectoryクラスのCreateDirectory静的メソッドもDirectoryInfoクラスのCreateSubdirectoryメソッドと同様に作成したディレクトリのDirectoryInfoオブジェクトを戻り値に返します。

Directory.CreateDirectory静的メソッドの使用例

以下にCreateDirectory静的メソッドの使用例を示します。

DirectoryクラスのCreateDirectory静的メソッドは、DirectoryInfoクラスのCreateメソッドと同様の処理を行うことができます。

DirectoryInfoクラスのCreateメソッド、CreateSubdirectoryメソッド、DirectoryクラスのCreateDirectory静的メソッドとも、作成対象のディレクトリが既に存在していれば、ディレクトリは新たに作成されませんがエラーは発生しません。作成するディレクトリが既に存在する場合にはメッセージを表示するような処理が必要であれば、DirectoryクラスのExistsメソッド等でディレクトリの存在有無を確認してから処理を行うようするといいでしょう。

サンプルプログラム

Windowsフォームアプリケーションでのプログラムの実装例を記載します。

ユーザーインターフェース

フォームのインターフェスは次のようにします。

ディレクトリ作成サンプルフォームデザイン

ソースコード

サンプルプログラムのフォームには次のようなソースコードを記述します。

サンプルの実行

作成したプログラムを実行します。

ディレクトリ作成サンプルフォーム

[button1]がDirectoryInfoクラスのCreateメソッドでディレクトリを作成する処理を実行します。
[button2]がDirectoryInfoクラスのCreateSubdirectoryメソッドでサブディレクトリを作成する処理を実行します。
[button3]がDirectoryクラスのCreateDirectory静的メソッドでディレクトリを作成する処理を実行します。

パスのテキストボックスに「D:\Work\CreationDirectorySample\MyDir」と入力します。

ディレクトリ作成サンプルフォームDirectoryInfoクラスのCreateメソッド

[button1]をクリックします。

ディレクトリ作成後のメッセージ
メッセージが表示され、ディレクトリが作成されます。

ディレクトリ作成結果

サブディレクトリのテキストボックスに「ChildDir」と入力します。

ディレクトリ作成サンプルフォームDirectoryInfoクラスのCreateSubdirectoryメソッド

[button2]をクリックします。

サブディレクトリ作成後のメッセージ

メッセージが表示され、サブディレクトリが作成されます。

サブディレクトリ作成結果

DドライブのWorkディレクトリを削除します。
[button3]をクリックします。

ディレクトリ作成後のメッセージ

メッセージが表示され、Workディレクトリ、CreationDirectorySampleディレクトリ、MyDirが作成されます。

ディレクトリ作成結果

DドライブのWorkディレクトリを削除します。
[button2]をクリックします。

サブディレクトリ作成後のメッセージ

メッセージが表示され、Workディレクトリ、CreationDirectorySampleディレクトリ、MyDirディレクトリ、ChildDirディレクトリが作成されます。

サブディレクトリ作成結果