SQLのALTER TABLE でテーブル名や列名などを変更する

SQLにはテーブル定義の変更を行うための命令として「ALTER TABLE」文が用意されています。 ALTER TABLEを使うと、既に作...

記事を読む

JavaScript 数値丸め 切り捨て、切り上げ、四捨五入(floor、ceil、round)

学生の試験や成績などの情報を管理するシステムや、会計関連の情報を管理するシステムをを作成していると、時々小数を持つ数値の丸め処理を行...

記事を読む

正規表現で文字列内の位置を表すメタキャラクタ

正規表現には文字を検索するためのメタキャラクタ(正規表現パターンを構成する文字)の他に、文字列内の位置を検索するためのメタキャラクタ...

記事を読む

データベースのテーブルのデータを一括で削除(DELETE)するTRUNCATE

データベースのテーブルの行(レコード)は、DELETE文を使って削除することができます。 テーブルの行をすべて削除する際は、D...

記事を読む

テーブルの定義書情報を取得するSQLServerのユーザー定義関数

本ブログでは以前にSQLServerのデータベースから、テーブル定義書のもとになるデータを取得する方法についてご紹介しました。 今回の...

記事を読む

SQLのALTER TABLE でテーブルの列(カラム)を追加・削除する(ADD, DROP)

SQLでテーブルを作成する場合はCREATE TABLE文を使用しますが、既存のテーブルの定義(テーブルの構造)を変更する場合はALTER ...

記事を読む

データベースのテーブルを削除するSQL DROP TABLE

SQLでテーブルを作成する時は、CREATE TABLE文を使用します。 作成したテーブルをSQLで削除する時は、CREATE...

記事を読む

データベースのスキーマを作成するCREATE SCHEMAと削除するDROP SCHEMA SQL

データベースには、スキーマ(Schema)と呼ばれるオブジェクトがあります。 スキーマとは、データベース内のテーブルやビューなどのオブ...

記事を読む

文字の繰り返しを表す正規表現パターンの最長一致と最短一致

正規表現では文字が繰り返されている箇所を検索するための、メタキャラクタ(メタ文字)が用意されています。 繰り返しを表すメタキャラク...

記事を読む

SQLのCREATE TABLEでテーブルの列の値を一意にする(UNIQUE)制約を設定する

SQLのCREATE TABLE文では、データベースにデータを格納するためのテーブルを作成することができます。 テーブルには主...

記事を読む

SQLのCREATE TABLEでテーブルの列に妥当性を検証する(CHECK)制約を設定する

SQLのCREATE TABLE文を使えば、データベースにテーブルを作成することができます。 テーブルを作成する際には、テーブルに作成...

記事を読む

SQLのCREATE TABLEでテーブルの列にNULL値を認めない(NOT NULL)制約を設定する

CREATE TABLE文を使用するとデータベースのテーブルをSQLで作成することができます。 基本的なテーブルの作成 ...

記事を読む

正規表現で文字の繰り返しを表すメタキャラクタ

正規表現には、文字の繰り返しを表現するパターンを指定するためのメタキャラクタ(メタ文字)がいくつか用意されています。 文字の繰...

記事を読む

SQLのCREATE TABLEでテーブルに主キー(PRIMARY KEY)制約を設定する

SQLのCREATE TABLE文を使うことで、データベースにテーブルを作成することができます。 基本的なテーブルの作成 ...

記事を読む

SQLのCREATE TABLEでテーブルの列にデフォルト値(DEFAULT)を設定する

SQLを使ってデータベースにテーブルを作成するには、CREATE TABLE文を使います。 CREATE TABLE文では、テ...

記事を読む