Visual Studio Community 2019のダウンロードとインストール

Visual Studio 2019 スプラッシュ

Microsoftから提供されている.NETの統合開発環境のVisual Studio Community 2019のダウンロードとインストールの手順を紹介します。

Visual Studio Communityは無償で提供されていますが、十分な機能を備えた拡張可能なIDE(Integrated Development Environment: 統合開発環境)です。

Visual Studio 2019には「Professional」「Enterprise」「Community」の3つのエディションがありますが、プログラミングの学習や、フリーのアプリケーションの作成など、個人で開発するならCommunityエディションで十分です。CommunityエディションはProfessionalエディションと遜色ない機能が利用できます。

Visual Studio Community 2019のインストール

Visual Studio Community 2019をインストールするために、まずはMicrosoftのVisual Studioの公式サイトからインストーラーをダウンロードします。

Visual Studioのダウンロード

Visual Studio Community 2019は以下のURLからダウンロードできます。

https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/

ブラウザーでVisual Studioのダウンロードページを開くと以下の画面が表示されます。

Visual Studio 2019のダウンロードページ

Communityの「無償ダウンロード」のボタンをクリックしてください。

Visual Studio 2019 Communityの 無償ダウンロード

ダウンロードしたインストーラーのファイルは「vs_community__XXXXXXXXXX.XXXXXXXXXX.exe」の形式のファイル名になっています。

ダウンロードしたVisual Studioのインストーラーファイル

Visual Studioインストーラーのインストール

ダウンロードしたインストーラーファイルをダブルクリックして実行します。
「ユーザー アカウント制御」のダイアログボックスが表示されますので「はい」をクリックしてください。

Visual Studioのインストーラー起動時のユーザー アカウント制御のダイアログボックス

ユーザーアカウント制御の確認が終了したら「Visual Studio Installer」のダイアログボックスが表示されます。
「続行」ボタンをクリックして次へ進みます。

Visual Studio Installerのダイアログボックス

Visual Studio Installerのダウンロードが始まり、Visual Studioをインストールするためのインストーラーがインストールされます。

Visual Studio Installerダウンロード
Visual Studio Installerインストール
Visual Studio Installer完了

Visual Studio Installerのインストールが終了すれば、いよいよVisual Studioのインストールです。

Visual Studioのインストール

Visual Studio Installerがインストールされると「Visual Studio Community 2019」のインストールの詳細を設定するウィンドウが起動します。

Visual Studio Community 2019のインストーラー起動時

Visual Studio 2019のインストールは「ワークロード」を選択してインストールする機能を目的ごとに選択する形式になっています。
必要なワークロードをクリックして選択します。(選択した項目にはチェックマークがつきます。)例えば、ASPを使用したWebアプリケーションを開発するなら「ASP.NET と Web 開発」を選択、WindowsフォームやWPFのデスクトップアプリケーションを開発するなら「.NET デスクトップ開発」を選択します。

Visual Studio Community 2019インストール ワークロード

右ペインにある「インストールの詳細」で細かいインストールオプションの選択ができます。

Visual Studio Community 2019インストールの詳細

インストーラーでは、ワークロードとは別に個別のコンポーネントを選択してインストールすることもできます。
「個別のコンポーネント」タブをクリックすると、コンポーネントの一覧が表示されますので、クリックして選択します。

Visual Studio Community 2019インストール 個別のコンポーネント

追加する言語がある場合は「言語パック」タブをクリックします。

Visual Studio Community 2019インストール 言語パック

インストールする場所を変更したい場合は「インストールの場所」タブをクリックして「Visual Studio IDE」「ダウンロード キャッシュ」「共通コンポーネント、ツール、SDK」のフォルダーのパスを指定します。

Visual Studio Community 2019インストール インストールの場所

Visual Studioのインストーラーではインストールの方法が選択でき、初期設定ではダウンロードしながらインストールを行うようになっています。
ダウンロードした後にインストールする場合は「インストール」ボタンの左にあるドロップダウンリストボックスから「全部ダウンロードしてからインストールする」を選択してください。
今回はダウンロードしながらインストールをする方法を採用します。

インストールの準備ができたら「インストール」ボタンをクリックしてインストールを始めます。

Visual Studio Community 2019インストール準備完了

インストールが始まると必要なファイルのダウンロードとインストールが実行されます。
選択した機能にもよりますが、ある程度は時間がかかるので気長に待ちましょう。

Visual Studio Community 2019のダウンロードとインストール

しばらくするとインストールが完了します。(インストール中に「再起動が必要です。」とメッセージが表示された場合は、コンピューターを再起動してください。)

Visual Studio Community 2019のインストール完了

Visual Studioの起動

インストールが完了したらVisual Studioを起動します。
Visual StudioはVisual Studio Installerから「起動」ボタンをクリックして起動することもできます。

Visual Studio インストーラーから起動

Visual Studio Community 2019を起動するとMicrosoftアカウントのサインイン画面が表示されます。

Visual Studio 起動時のMicrosoftサインイン

サインイン画面が表示されたら「サインイン」ボタンをクリックして次へ進んでください。
Microsoftアカウントをお持ちでない方は「作成してください。」をクリックして作成することができます。

Visual Studio 起動時のMicrosoftサインイン 実行と作成

Microsoftアカウントはここをクリックすることでも作成できます。
Microsoftアカウントの作成方法については、以下のページを参照してください。
新しい Microsoft アカウントを作成する方法

MicrosoftアカウントのIDとパスワードを入力してサインインします。

テキストボックスにMicrosoftアカウントのID(メールアドレス、電話番号など)を入力して「次へ」ボタンをクリックしてください。

Visual Studio 起動時のMicrosoftサインインでIDを入力

次にパスワードを入力して「サインイン」ボタンをクリックしてください。

Visual Studio 起動時のMicrosoftサインインでパスワードを入力

IDとパスワードを入力してサインインすると以下の画面が表示されます。

Visual Studio 起動時のMicrosoftサインイン後の準備

しばらくするとVisual Studioが起動します。

Visual Studioの起動

プロジェクトの作成

Visual Studioを起動するとスタートアップ画面が表示されますので、画面の右側にある「作業の開始」の「新しいプロジェクトの作成」をクリックします。

Visual Studio 作業の開始
Visual Studio 新しいプロジェクトの作成

新しいプロジェクトの作成画面が表示されますので、画面の右側の一覧から作成するプロジェクトの種類(テンプレート)を選択します。

Visual Studio 新しいプロジェクトの作成 テンプレート選択

作成したいプロジェクトの種類(テンプレート)がない場合は、一覧を下にスクロールして表示される「さらにツールと機能をインストールする」をクリックしてください。

Visual Studio 新しいプロジェクトの作成 さらにツールと機能をインストールする

Visual Studio Installerが起動し、ワークロードが表示されます。

Visual Studio Installer さらにツールと機能をインストールする

ツールと機能はVisual Studio Installerの「変更」ボタンをクリックすることで追加することもできます。

Visual Studio Installer 変更

Visual Studioの修復やアンインストールを行う場合は、Visual Studio Installerの詳細ボタンをクリックしてください。
詳細では「修復」「アンインストール」「構成のインポート」「構成のエクスポート」を選択することができます。

Visual Studio Installer 詳細

まとめ

Visual Studio Community 2019のダウンロードとインストールについて見てきました。
インストールしたい機能をワークロードから簡単に選択できるのがとても便利です。

Visual Studio Community 2019では、アプリケーション開発に使用されるプログラミング言語のC#、Visual BasicやC++、人工知能や機械学習などの分野で活躍するPythonも使うことができます。また、Webアプリケーションの開発環境も整っています。さらに、WindowsだけでなくMacやLinuxで動作するクロスプラットフォームフレームワークの「.NET Core」も利用できます。

MicrosoftはVisual Studioでパフォーマンスの向上、迅速なコードのクリーンアップ、優れた検索結果による生産性向上に注力しています。
Visual Studio Community 2019を使って、効率的に素晴らしいアプリケーションをどんどん作ってみてください。
また、プログラミングはやったことないけど少し興味があるという方は、ぜひこの機会にVisual Studio Community 2019をインストールしてみてください。