SQL Server Management Studioのダウンロードとインストール(SSMSセットアップ)

SQL Server Management Studio (SSMS)

SQL Server Management Studio(以下SSMSと記載)は、SQL Serverのデータベースを管理するためのツールです。
データベースの作成から削除、データの更新、削除だけでなく、データベースのバックアップと復元、レプリケーション、各種タスクの設定など、SQL Serverのほとんどの操作を実行することができます。

SSMSを使用すれば、SQL Serverの能力を最大限に発揮することができます。
SQL Serverを利用するのであれば、SSMSは必須のツールとなります。

今回はSSMSのダウンロードとインストールの手順について紹介します。

SSMSのダウンロード

「SQL Server インストール センター」を開きます。

スタートメニューのSQL Server インストール センター

SQL Server インストール センター

「SQL Server インストール センター」の「インストール」にある「SQL Server 管理ツールのインストール」をクリックします。

SQL Server インストール センター SQL Server 管理ツールのインストール

「SQL Server 管理ツールのインストール」をクリックすると、SSMSのインストーラーをダウンロードするページがWebブラウザーで表示されます。

SSMSのインストーラーのダウンロードページ

SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード

ページの最初の方にある「SQL Server Management Studio (SSMS) のダウンロード」のリンクをクリックします。

SSMSのインストーラーのダウンロード

リンクをクリックすると、SSMSのセットアップファイルがダウンロードされます。

SSMSのダウンロードされたセットアップファイル

SSMSのインストール

ダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックして実行します。

「ユーザー アカウント制御」のダイアログボックスが表示されますので「はい」ボタンをクリックします。

SSMSのセットアップ ユーザー アカウント制御のダイアログボックス

「ユーザー アカウント制御」のダイアログボックスで、このアプリがデバイスに変更を加えることを許可すると、セットアップウィザードが表示されます。

SSMSのセットアップウィザード

セットアップウィザードではSSMSをインストールする場所(フォルダー)を指定します。

場所を変更する場合は、テキストボックスにフォルダーパスを入力するか、テキストボックスの横にある「変更」ボタンをクリックして

SSMSのセットアップ フォルダーの参照ダイアログボックス

SSMSをインストールする場所を指定できたら「インストール」ボタンをクリックします。

SSMSのセットアップ 場所を指定してインストール

「インストール」ボタンをクリックすると、インストールパッケージの読み込みが始まります。

SSMSのセットアップ インストールパッケージの読み込み

しばらくするとSSMSのインストールが始まります。
インストールには少し時間がかかるので、そのまま待ちます。

SSMSのセットアップ インストール中の進捗状況

インストールが完了すると再起動をするように指示がありますので、「再起動ボタン」をクリックしてコンピューターを再起動します。

SSMSのセットアップ コンピューターの再起動

SSMSの初回起動

再起動するとインストールが完了します。

スタートメニューにSSMSが追加されていますので、クリックして起動します。

SSMSをスタートメニューから起動

SSMSが起動します。

SSMS スプラッシュ画面

旧バージョンのSSMSがインストールされている場合は、初回起動時にユーザー設定を旧バージョンからインポートするかどうかを確認するダイアログボックスが表示されます。

SSMS 旧バージョンからユーザー設定をインポートするかどうかを確認するダイアログボックス

インポートしない場合は「インポートしません」ボタンをクリックします。
「インポートしません」ボタンをクリックすると、SSMSは既定のユーザー設定を読み込みます。
今回は旧バージョンのユーザー設定をインポートするので「SSMS 17 からインポート」ボタンをクリックします。

SSMS 旧バージョンの17からユーザー設定をインポート

インポートするボタンをクリックすると、ユーザー設定のインポートが行われ「SSMS ユーザー設定の変換」ダイアログボックスが表示されます。

SSMS ユーザー設定の変換ダイアログボックス

ダイアログボックスの右下にある「レポート」ボタンをクリックすると、レポートの参照するための方法がメニュー項目として表示されます。

SSMS ユーザー設定の変換レポートの参照メニュー

ここでは「レポートの表示」メニューをクリックして画面にレポートを表示します。

SSMS

レポートが確認できたら「閉じる」ボタンをクリックして終了します。